MT5

【ボリンジャーバンド&RSI系EA】BandAndRSI_MT5

EAダウンロード

 

 

EAの特徴

対応プラットフォーム MT5
推奨取引スタイル デイトレード スイングトレード
両建て なし
ナンピン なし
利用テクニカルツール
ボリンジャーバンド、RSI
エントリー条件
RSIが下ライン以下かつ終値がボリンジャーバンドの下ライン以下でロング
RSIが上ライン以上かつ終値がボリンジャーバンドの上ライン以上でショート
利確条件
RSIが上ライン以上でロング決済
RSIが下ライン以下でショート決済
損切り条件
エントリー価格から指定pips逆行で損切り(ストップロス設定)

開発者:Ryo

EA特記事項

EAのエントリー解説

当EAはボリンジャーバンドとRSIによる逆張り型のEAです。

RSIが下ラインを下に割った状態で、終値がボリンジャーバンドの下ラインより下にいくと売られ過ぎのため上昇すると判断してロングエントリーをします(RSIが上ラインを上に超した状態で終値がボリンジャーバンド上ライン以上でショートエントリー)

ロングエントリー中、RSIが上ラインを越したら上昇が終了したと判断し決済をするロジックです(ショートエントリー中、RSIが下ラインを割ったら決済)

 

テクニカルについて

ボリンジャーバンドは移動平均線と標準偏差で構成されたテクニカル指標です。

移動平均線の上下に値動きの幅を示す標準偏差の線を加えた指標で、標準偏差は収束と拡散を繰り返しており、価格の大半がこの帯の中に収まるという統計学を応用した指標です。

RSIは相場の過熱感を見ることができるテクニカル指標です。
RSIが上昇すると『買われすぎ』、下降すると『売られすぎ』と判断します。

 

バックテスト結果

ねね
ねね
バックテストの結果はFX業者の価格データ(ヒストリカルデータ)によって結果が多少ずれますが、EA門のMT5テストではTitanFXのティックデータを使用しています(MT4はTickDataSuiteを使用)
ヒストリカルデータについてはこちら(MT4の場合)
ヒストリカルデータ
Axioryのヒストリカルデータを使ってバックテストの精度を上げる MT4標準のヒストリカルデータは精度が低い MT4に同梱されているヒストリカルデータには過去の高値・安値・始値・終値の数値...

 

USDJPY 5分足

MT5バックテスト結果
テスト条件
通貨ペア USDJPY
時間足 M5
テスト期間 2021.01.01-2021.12.31

 

MT5パラメータパラメータ設定値

 

 

EURUSD 30分足

MT5バックテスト結果
テスト条件
通貨ペア EURUSD
時間足 M30
テスト期間 2021.01.01-2021.12.31

 

MT5パラメータパラメータ設定値

 

 

関連EA

トラリピEAダウンロード
トラリピEA(MT5版)一般的なトラリピEAと異なり口座縛りがないので、お好きなFX業者でコストを押さえて可動することができます。...
勝率インジケーターダウンロード
市場ごとの勝率計算インジケーターWinRatePro_MT5版 ※こちらはインジケーターですので、MT5のIndicatorsフォルダにいれてご利用下さい。 開発者:シストレファ...