人気&殿堂入り

反発率した回数を計測して水平線を導き出すインジケーター「ResistanceLineSeekerE」

水平線インジケーター

 

※こちらはインジケーターですので、MT4のIndicatorsフォルダにいれてご利用下さい。

開発:Kudo

人間の目には見えない抵抗帯を見つけ出す

水平線インジケーターチャートにレジスタンスラインを自動で引きます

 

水平線インジケーター引かれた水平ラインでぴったりと価格が止められることが多々起こります

 

ResistanceLineSeekerEは、主に価格が上昇時などに抵抗帯となるレジスタンスラインを表示してくれるインジケーターです。

従来のよくある目立つ高値安値に自動で水平ラインを引くタイプではなく、指定した期間内に仮想的に何百もの水平ラインを引き、その中で実際にローソク足が反発した実績があるラインだけを表示するという、これまでにないタイプの水平線インジケーターです。(チャートに表示されている矢印は、実際に反発が起こったものが表示されます)

使ってみるとわかるのですが、人間の目で見つけられる抵抗帯とは微妙に位置が違うものの、なぜかそこでローソク足が止まるというリアルな抵抗帯が表示されるのは驚愕です。

 

ResistanceLineSeekerEの使用方法

ResistanceLineSeekerEはバイナリーオプション自動売買システムであるAMT(AutoMultiTrader)などのツールと組み合わせて使うことが前提となっており、逆張りのサインも表示されますが、もちろん裁量トレード用としても利用できます。

 

チャートへの適用

水平線インジケーターチャートに適用すると計算が始まります

 

水平線インジケーターラインが見つからない場合もあります

 

ResistanceLineSeekerEはEAではなくインジケーターですので、MT4のIndicatorsフォルダにいれてご利用ください。

チャートに適用すると自動で計算して水平ラインを表示してくれますが、設定や時間足次第ではラインが見つからない場合もあります。

ねね
ねね
引かれたラインの更新はリアルタイムではなく、チャート切り替え時(時間足や通貨を変えた時)に1回計算されますよ

 

ResistanceLineSeekerEのパラメータ

パラメータ

国産インジケーターですので、パラメータにしっかりと解説してくれておりますが、わかりにくい部分だけ補足しておきます。

【勝率の閾値】計算時に仮想で何百もの水平ラインを引きますが、そのラインを価格が終値で抜けたものの、しっかりと跳ね返したら「勝ち」と計算し、その勝率を設定するパラメータです。

【最低エントリー回数】仮想で引いた水平ラインを何回超えたかの設定値です。少なくすればそれだけ多くの水平ラインが引かれるようになります。

【抵抗線を探索する間隔】この数値は計算時に仮想で引かれる水平ラインをどれくらいの間隔で計算していくかの設定です。時間足によって適宜変更してください。

【見つかった抵抗線同士の間隔】この数値は条件を満たして表示された水平ラインが表示されすぎるのを防ぐためのパラメータです。時間足によって適宜変更してください。

 

トラリピEA_MT4版
トラリピEA(MT4版)一般的なトラリピEAと異なり口座縛りがないので、お好きなFX業者でコストを押さえて可動することができます。...
合成インジケーター
2つインジケーターのサインを合成する最強ツール「MixArrowForAMT」 ※こちらはインジケーターですので、MT4のIndicatorsフォルダにいれてご利用下さい。 開発:Kudo ...
アービトラージEAダウロード
【商品CFDアービトラージEA】CFDArbitrageCat1_EasyForex 【重要】このEAは商品CFDでアービトラージを行うため、業者はEasyForex(easyMarkets)固定と...