MT4

【遅行スパン+RSI系EA】ChocolateVanilla

EAダウンロード

 

 

EAの特徴

対応プラットフォーム MT4
推奨取引スタイル デイトレード スイングトレード
両建て なし
ナンピン なし
利用テクニカルツール
遅行スパン(一目均衡表)、RSI、DMI
エントリー条件
遅行スパンが終値を上抜け、RSIが50より上、ADXが上限以上、プラスDIがマイナスDIより上でロング
遅行スパンが終値を下抜け、RSIが50より下、ADXが上限以上、マイナスDIがプラスDIより上でショート
利確条件
ADXが下限以下かつプラスDIがマイナスDIを下に抜けクロスするとロング決済
ADXが下限以下かつマイナスDIがプラスDIを下に抜けクロスするとショート決済
エントリー価格から指定pips到達で利確(テイクプロフィット設定)
損切り条件
エントリー価格から指定pips逆行で損切り

開発者:Ryo

 

EA特記事項

EAエントリー解説

遅行スパン(一目均衡表)、RSI、DMIはパラメータ設定可能

当EAは遅行スパン、RSI、ADXを使用します。

遅行スパンとは、一目均衡表の5つの指標のうちの1つで、終値を26本前に描画されており、エントリーのタイミングを図ることができる指標です。

RSIとは売られすぎ、買われすぎを見る指標で、買い勢力が優勢か売り勢力が優勢か、市場の勢力を見ることができます。

DMIはADX、プラスDI、マイナスDIという3つの指標からなる指標で、トレンドの強弱、上昇の強さ、下降の強さを見ることができます。

 

エントリー詳細

RSIが50を超えている、ADXがラインを超えている、プラスDIがマイナスDIより上にある状態で買いトレンドが発生していると判断します。

その状態で遅行スパンが終値を上に抜けると買いのタイミングと見てロングエントリーをします(RSIが50未満、ADXがラインを超え、マイナスDIがプラスDIを超えている状態で遅行スパンが終値を下に抜いていたらショートエントリー)

ロングエントリー中、ADXがラインに下に位置してプラスDIがマイナスDIより下にクロスしたら買いトレンド終了とみなしロング決済をするロジックです(ショートエントリー中、ADXがライン未満、マイナスDIがプラスDIの下にクロスでショート決済)

また、エントリー時のロットはマーチンゲール法にて行い、負けるたびに上がってゆく仕組みです。

初期設定の『買い注文の時のロット:0.05、マーチンゲール法の倍率:1.2』を例にあげると、「0.05(初期値)→0.06→0.072→0.086」という具合にあがっていき、勝った場合は0.05に戻ります。

ロット管理にご注意の上、運用してください。

 

開発者:Ryo

 

バックテスト結果

ねね
ねね
バックテストの結果はご利用のFX業者の価格データ(ヒストリカルデータ)によって結果が多少ずれますが、EA門では精度が最も高いと言われているTickDataSuiteを使用してテストしています
ヒストリカルデータについてはこちら
ヒストリカルデータ
Axioryのヒストリカルデータを使ってバックテストの精度を上げる MT4標準のヒストリカルデータは精度が低い MT4に同梱されているヒストリカルデータには過去の高値・安値・始値・終値の数値...

USDJPY 15分足

バックテスト結果
テスト条件
通貨ペア USDJPY
時間足 M15
テスト期間 2021.01.01-2021.12.31

 

MT4のパラメータパラメータ設定値

 

 

EURUSD 30分足

バックテスト結果
テスト条件
通貨ペア EURUSD
時間足 M30
テスト期間 2021.01.01-2021.12.31

 

MT4のパラメータパラメータ設定値

 

 

関連EA

トラリピEA_MT4版
トラリピEA(MT4版)一般的なトラリピEAと異なり口座縛りがないので、お好きなFX業者でコストを押さえて可動することができます。...
アービトラージEAダウロード
【商品CFDアービトラージEA】CFDArbitrageCat1_EasyForex 【重要】このEAは商品CFDでアービトラージを行うため、業者はEasyForex固定となっています。(記事中でE...